ホタルイカパターン攻略法

日本には、場所や時期によって特殊な釣り方(○○パターンと呼ばれます)があります。

中でも

ゴカイ類が産卵のために水中に出てきて、ゴカイを捕食するシーバスをルアーで狙うバチパターンなどが有名です。

このようなパターンは、メインターゲットのベイトがある程度絞りやすく、非常に理にかなった釣りといえるでしょう。

そのため、条件さえ整えば大爆釣なんてことも十分にあり得ます。

ホタルイカパターンとは?

名前の通りなのですが、ホタルイカがベイトとなるパターンのことで、ホタルイカをイミテートしたルアーを使い、魚を狙います。

狙える魚種はとても豊富でチヌやシーバス、メバルなど沿岸部に生息する魚はほとんど狙うことが出来ます。

しかし残念なことに年中、どこでもこのパターンが成立するわけではありません。

このパターンが成立する(しやすい)場所はズバリ

春(3~5月)の富山湾です!

中でも新月大潮、さらに暖かく南風の日がベストといわれています。

しかし普段は海の深いところにいるはずのホタルイカ、、

なぜこのようなパターンが成り立つのでしょうか?

ホタルイカの生態

ホタルイカは、春に産卵のため海岸近くまで寄ってきます。

そのため、岸からでもホタルイカを掬ったり、ホタルイカパターンで釣りが楽しめるのです。

また、産卵で弱った弱ったホタルイカが波によって砂浜に打ち上げられることをホタルイカの身投げと呼びます。

ホタルイカには、衝撃を受けると青色に発光するという性質があるのですが、この身投げの際に砂浜に打ち上げられたことで青く光り、非常に幻想的な光景が見られます。

実際の釣り方

ポイントの選定

ホタルイカが“いつ湧きやすいか”は、月の満ち欠けや潮まわりなどからある程度予測が出来ます。

しかし、“どこで湧くか”まで予測するのは非常に難しいものです。そこでぜひともおすすめしたいポイントの選び方があります。

  • 砂浜は避ける
  • 河口付近がおすすめ
  • 足場のよい堤防もおすすめ

まず、砂浜は避けた方がいいです。というのもホタルイカパターンの時期はアングラーだけでなく、ホタルイカを掬うために来ている人もいます。特に砂浜には長靴やウェーダーを履いてホタルイカを掬っている人が多くいます。

そのため砂浜で竿を出すと、そういった方の迷惑になってしまうばかりか、危険でトラブルになってしまうことも考えられますので、砂浜は避けることをおすすめします。

そこで実際のポイントしては河口付近がおすすめです。

河口付近は川からの水の流れ(変化)があるだけでなく、プランクトンをはじめとする養分も非常に豊富なため、ホタルイカパターンに限らず1級のポイントです。

特にホタルイカパターンでは汽水域を好むチヌが狙えますので、河口は外せないポイントです。

また、足場のよい堤防もおすすめしたいポイントです。

ホタルイカが岸に接岸するのはほとんどが深夜です。そのため夜釣りに慣れていない方ですと非常に危険です。しかし堤防なら足場もよく、常夜灯もあり比較的安心です。(もちろん堤防でもライフジャケットは安全のため着用してくださいね)

ルアーはほたるいかワームがオススメです!

おすすめの記事